写真の選び方

写真の選び方:プロフィールビデオ

おすすめの写真配分

生い立ちパート(新郎新婦それぞれ20枚ずつ)の写真配分の目安は以下のとおりです。
あくまで目安ですので、お写真が少ない時期があっても問題はありません。

  • 幼少期(~幼稚園):5枚前後
  • 学生時代(小学校~):10枚前後
  • 現在:5枚前後

なるべく横長の写真を選ぶ

式場のスクリーンやテレビ画面は横長ですので、横長のお写真がおすすめです。
縦長の場合、人物を大きく表示すると上下の大部分が切り取られ、お写真全体を表示すると左右に大きな余白が出来てしまいます。
横長であれば、お写真を大きく表示することができるので、なるべく横長のお写真をお選びください。

ゲストと一緒に写っている写真を盛り込む

プロフィールビデオの写真選びにおいて、重要なポイントのひとつです。
新郎新婦のみのお写真ばかりに偏ってしまうと、ゲストによっては退屈に感じてしまう可能性があります。
新郎新婦の人生と、ご家族やゲストとの関わりをうまく表現できれば、思った以上に喜んでいただけます。

集合写真はできるだけ控える

集合写真や大人数のお写真は、映像になると、ご本人の位置が分からなくなってしまいますので、4、5人までのお写真を使用したほうが無難です。
同時期のお写真が他にない場合や、どうしても使用したい場合は、新郎もしくは新婦が一目で分かるようにアップで表示します。

ギャップや意外な一面も

新郎新婦の普段とのギャップや意外な一面を見せることによって、会場を和ませることもできます。
新郎が小さい頃にお母さんと手をつないでいるお写真、学生の頃のちょっと恥ずかしいお写真など、現在の新郎新婦からは想像できないお写真なども、喜ばれるようです。

写真が少ない場合は…

生い立ちパートのお写真の枚数が少ない場合(例:中学時代の写真がない)も、「高校生になりました」のように、コメントで時の流れを表現すれば自然に仕上げることが出来ます。
お2人で写っているお写真が少ない場合は、思い出の場所や新居、婚約・結婚指輪などを新しく撮ってみてください。

最後は印象的な写真で感動を

最後のお写真には、婚姻届を持っているお写真、前撮り、婚約・結婚指輪とのお写真、結婚式のお写真(結婚式と披露宴が別日の場合)、お顔合わせのお写真(もしくはご家族とのお写真)などを使うと、より一層感動が深まります。
また、お2人パートの最後の数枚は、ツーショットのお写真が続くとラストに向けて盛り上がりますので効果的です。

写真の選び方:エンドロール

写真選びのポイント

もっとも基本的な構成は、プロフィールビデオに使わなかったお写真を使うというものです。
プロフィールビデオを制作されない場合は、エンドロールで生い立ちを見せることもできます。

結婚準備の写真を使う

お顔合わせ、指輪選び、ドレスやブーケ選びなどの、結婚準備のお写真を使った構成もおすすめです。
映画のメイキング映像のように仕上がり、感動のエンディングを迎えることができます。

アウトロは印象的な写真で

アウトロのお写真には、プロフィールビデオ同様、婚姻届を持っているお写真、前撮り、婚約・結婚指輪とのお写真、結婚式のお写真(結婚式と披露宴が別日の場合)、ご家族とのお写真などの、印象的なものがおすすめです。

その他のアイディア

「新郎が始めての料理に挑戦」「新居の様子を紹介」やイラストを使ったものなど、その他にも様々なアイディアがあります。
ぜひお2人でお写真選びをお楽しみください。